engage

涙の事件簿(壁飾りが・・・。)

工事も終盤にさしかかり、足場も昨日外れたたのですが・・・。

ふと屋根の方を見ていたときに、壁飾りがあまりにも平面的であることに違和感を感じました。

あれっ、我が家の壁飾りって立体7型っていうのではなかったかしら・・・。

そうなんです、型番の違うものが設置されていたのです(T_T)/~~~

ネットて調べてみると、やはり型が違うようでして・・・15型のようです。

こっちが設計図に載ってる「トラディシオン壁飾り 立体7型」です。

交換するにしても、ネジ穴も開けてしまっているでしょうし

穴はパテ埋めするにしても塗面はどうするつもりなのでしょう(?_?)

塗装に関してはやっぱり左官屋さんに直してもらいたいですし

足場もなくなっているので2階の屋根の下まで長いハシゴでがんばるのでしょうか(-_-;)

まだ監督さんから連絡ないのでどうなるか分かりませんが

・どのような理由でこうなったのか

・変更するにあたり、どのようなデメリットが発生するのか

上記の2点は明確にしていただきたいところです・・・(;一_一)

ふぅ~、玄関ポーチの照明に続き、またムダな穴が空いてしまいました(T_T)

もうこれ以上はカンベンしてくださいまし。。。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 三菱地所ホームへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. uando より:

    穴とか
    確かに、けっこうこれ違いますね!
    しかも、壁の塗装だって凝ってるのに、穴ふさいで終わりとかだと、ちょっとムっとするかも…。

    つけてから発見っていうのも、なんでなんでしょう。
    現場に届いた段階で、検品とかしてないとしたら、けっこういい加減ですね。

  2. nyoro-gara より:

    Unknown
    コメントありがとうございます。

    原因は三菱側の発注ミスでした。
    実は同じタイミングでアイアンの花台も設置したのですが
    こちらも図面と異なる位置へ設置されまして・・・。
    塗面のことを考えてそのままの位置でOKとしました。。。

    さすがにミスが重なり過ぎなので、今回は三菱さんにも
    何かしらのペナルティを負ってもらうつもりです。
    施主ばかりが妥協している訳にもいきませんし。。。

    実際の工事に入ってしまうと、下請け業者の技術力だったり
    体質だったりに左右されてしまうところが大きいです。
    今回は三菱さんと下請け豪奢のダブルアタックでしたが・・・。