お風呂のフタを交換(TOTOさんのサザナ)

「予想外な涙の事件簿(お風呂)」で

お風呂のフタとフタの間が基準値を超えているとメーカー側から指摘を受けたため

三菱さんのアフター経由でTOTO・サザナの風呂フタを交換する運びとなりました。

交換にやってきたTOTOのサービスの方は

「なかなか隙間のないフタが入って来なくて

でもその中で、隙間が一番小さいものを持ってきました!」と

ありがたいような不安が増すようなことを仰ってました。。。

現品を見てみると確かに現在使用しているものより隙間は小さいものでした。

しかし、そもそもの作りを確認すると、ゴムパッキンで縁取りされているのですが

圧着している場所が、風呂フタの合わせ面中央であるため

どうしてもその場所だけ隙間が開いてしまいます。

何故そのような作りにしたのか?TOTOのサービスさんも理由は分からないようでした。

フタが新しくなったのは良いのですが、これがTOTOさんの基準値内のものなのか

判断がつかなかったので、サーピスの方に確認をお願いしました。

後日、TOTOのお客様相談室からメールがあり、自分で寸法を測って

メールの添付資料の基準値内に納まっているか確認するよう指示がありました。

↓これがその基準値です。

ということで、それぞれの値を確認してみると

↓まずはA1、A2、基準値内でした。

そしてBを確認・・・基準値内でしょうか?・・・微妙です。

ちょっぴり不安だったので、この写真をTOTOさんに送って確認してもらったところ

すべて基準値内に納まっていて問題ない旨、回答を頂きました。

若干Bの値が微妙ですが、メーカーさんが大丈夫だと言ってくれているので

これで良しとしようと思います。

今日のニャーさんです。

とっても可愛いのですが・・・泣き声にはすべて濁点がついてますニ”ャ”ー。。。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 三菱地所ホームへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ 

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク

『お風呂のフタを交換(TOTOさんのサザナ)』へのコメント

  1. 名前:u_and_o 投稿日:2015/04/29(水) 07:21:21 ID:589fc6ab0

    謎の選択
    おはようございますー。

    前のマンションのフタが、同じような素材でした!あの周囲が、柔らかそうに見えて、わりと硬いんですよね。どうしてあんな素材にするんでしょう?
    すき間が空いたらいけないなら、もっと成形しやすい材質で作ればいいのにと思ってしまいました。

    じつは、TOTOともめてることがあるので、なんとなくTOTO製品への目が厳しくなってしまいます(笑)

    猫さんは、なにか様子をうかがってるような姿勢ですが、モデルさんのようなかわいい顔ですねぇ♪

  2. 名前:nyoro-gara 投稿日:2015/04/29(水) 09:27:05 ID:589fc6ab0

    Unknown
    おはようございます♪

    そうなんですよー!
    圧着箇所についても、ちょっと考えれば改善出来そうな所だと思うのですが・・・設計思想が理解出来ません。
    大多数の人がクレームを言わないような目立たない部分なので、クレームなし=問題なしとなっていて放置されているのかも知れませんね。

    今回のニャーさんは我が家で一番の箱入り娘なのです♪
    一番落ち着きのない子でもあります(笑)