engage

住宅ローン支払い中、本当に困るケースとは?

現在の住宅ローンは、期間もなかったので取りあえず組んだものです。将来、借り換えを行うべく、諸費用の一番安い金融機関に決めただけなのです。家の引き渡しも終わり、そろそろ住宅ローンの借り換えを真剣に考えはじめていますが、各金融機関のホームページを眺めていても、中々「この銀行に決めた!、これしかない!」と思えるような住宅ローンは存在しませんでした。

また、大まかなライフプラン的には、住宅ローン返済後に、リバースモーゲージという不動産担保ローンの仕組みを利用して(あの世に家は持っていけないので)、老後を安心して暮らしたいと思っているのですが、ここで問題になるのが、住宅ローンが払えなくなるリスクです。安心な老後の暮らしを手に入れるためには、住宅ローンを払いきることが必須となるのです。

上記を踏まえ、あらためて各金融機関の住宅ローンのホームページを眺めてみると、金利はほとんど横ばいなので、付帯する保険や特約などで比較することしかできなさそうでした。そこで、私が求める究極?の(ご都合主義的な)保険の補償内容とは何か纏めてみました。

<私が求める保険とは>

・ケガ、病気にかかわらず、入院した際の月々返済額を補償してくれる

・リストラされた場合にも、月々返済額を補償してくれる

・死亡率の高い病気にかかったら全額返済してくれる

・ケガ、病気にかかわらず、介護状態になったら全額返済してくれる

・ケガ、病気により、現在の仕事に就けず、収入が減った分を補償してくれる

取りあえず思い浮かぶものを並べてみましたが・・・いかがでしょう???

上から4番目までは、各金融機関のホームページで確認した限り、なんとかカバーしてくれそうな保険が存在しましたが、本当に困るのは一番最後の「ケガ、病気により、現在の仕事に就けず、収入が減った分を補償してくれる」だと思うのです。ケガや病気で、死亡、介護状態とまではいかなくて、仕事は出来るのですが、今までの仕事には就けずに収入が減ってしまう状態・・・レアケース(読み返してみて、レアケースではない気がしてきました。)であるとは思いますが、実際にお困りになっている方がゼロではないと思うと、本当に怖くなりました。このケースについては、どの保険でも補償していないようですので、実際にこのよう状態になったら売却するしか道がなさそうです。

住宅ローンの補償内容が決まれば、通常の生命保険でどこをカバーすれば良いのか見えてくるので、今度はそちらの見直しが必要となってきます。ちょっとでも保険料を下げられるのであれば、その分を住宅ローンの繰り上げ返済に回すことができるので、細かいことで頭が痛くなりますが、ちょっぴり楽しみです。

今を楽しく過ごして、幸せな老後を迎えるためには・・・結局、「健康第一!」なのですね。この先、何があるのか分かりませんが、なんとかリバースモーゲージにまで辿り着きたいものです。

今日のニャーさん

↓近づくと逃げてしまうので盗撮です(笑)気持ち良さそうに日向ぼっこしてます。。。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 三菱地所ホームへ

にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. u_and_o より:

    補償
    おはようございますー。

    住宅ローンの付帯保険は、手厚いものになると、金利上乗せの場合がほとんどだと思うので、総額でどのくらいになるかは、確認したほうがいいと思います。
    たとえば、付帯保険が0.3%金利上乗せになるとして、30年ローンの金額が5,000万円とすると、総額で220万円程度、月額で6,000円以上払うことになります。

    一般的な掛け捨ての保険(所得補償保険もあります)で組み合わせたほうが、安くなる場合もけっこうありますし、逆に保険で家が保たれてもどうしようもないほどの状況になってしまうこともあるので、住宅ローンの返済にフォーカスしすぎた保険は、無駄になる可能性もあるので。

  2. nyoro-gara より:

    Unknown
    こんにちは♪
    コメントありがとうございます!

    そうなんですよね!住宅ローンと付帯保険、生命保険のバランスが難しいです。。。

    掛け捨ての所得補償保険をもう少し調べてみます。