住宅ローン・金利優遇幅の拡大

「住宅ローン・借換えか?金利優遇幅の拡大か?」で書いたように、他行への借換えと今借りている銀行の金利優遇幅拡大の両方にトライしてみました。

借換えについては、りそな銀行がキャンペーンをやっていて、10年固定で0,55%(団信革命をプラスしても0.75%)という都市銀行の中ではずば抜けてお安い金利を打ち出していました。私の場合、今のローンに三大疾病保障がついているので、りそな銀行の「団信革命」をプラスしたプランを選択しましたが、年齢的な制約から若干ローン期間を短縮しなければならないため、見た目の金利は下がるのですが、支払い金額は1万ちょい上がるという試算でした。

一方、今の銀行での金利優遇幅の拡大については、上記の借換えについての相談を持ち掛けたところ、源泉徴収を提出するだけで金利優遇幅の見直しを行って貰えました。その後の手続も簡単で、通帳と銀行印を持参して本人が手続するだけとのことでした。こちらの再審査は、通常の審査と同様に1週間程度かかりましたが、結果的に0.3%程度の金利優遇幅拡大を実現させることができました。毎月の支払い額としては、2千円程度しか下がりませんが・・・。

結果として、金利は下がるが若干支払い額が上がる借換ローンと、支払い額が若干下がる今の住宅ローンの2種類が選択可能となりました。支払い総額を見てみると、前者でー250万、後者でもー100万となるので、そこそこ効果のあるものとなります。

一見すると、支払い総額がー250万となる借換ローンの方がお得に見えますが、ちょっとここは冷静になって考えてみました。私の場合、大分昔に入った生命保険に保険ファンドという貯蓄機能のある口座があり、その最低保証金利が年複利で1.5%となっています。この保険ファンドに借換ローン毎月支払い額の差額である1万ちょっとを積立てしてみると、総額は450万程度となるので、この1万ちょっとを住宅ローンに使うよりも利益は大きいという結果になります。65歳までの運用として現実的に考えてみても住宅ローンと同等の効果が期待できることが分かりました。この辺は実際に計算してみないと分かりませんね。

色々考えた結果、手元に現金を残しつつ、支払い総額としてー100万という効果が期待できる既住宅ローンの金利優遇幅を拡大する方向でお願いしようかと考えています。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 三菱地所ホームへ
にほんブログ村


注文住宅(施工主) ブログランキングへ

blogramで人気ブログを分析

カンファペット

フォローする

『住宅ローン・金利優遇幅の拡大』へのコメント

  1. 名前:miyuki 投稿日:2017/03/26(日) 15:32:08 ID:796f8e274

    こんにちは〜。

    へ〜。話を持っていけば結構簡単な手続きで金利を優遇して貰えるモノなんですね。

    ウチはまだ考えてませんし、元々安い時に組んだのでもっと金利が下がらない限りは借り換えは無いと思いますが、話して下げて貰えるモノでは無いと思ってたので意外でした。

  2. 名前:nyoro-gara 投稿日:2017/03/26(日) 16:41:56 ID:2dc47b805

    >miyukiさん
    こんにちはー♪

    そうなんですよね。期末を狙う必要があるのかは分かりませんが、借換えの相談に行くと源泉徴収を提出するだけで金利を変えて貰えました。全ての銀行がそうなのかは分かりませんが、今の銀行は相談しやすいのでその点も気に入ってます。

    ネット銀行とかだとこう言った融通は利かなさそうですよね。保証料も最初から0円なので返ってこなそうですし。。。

  3. 名前:u_and_o 投稿日:2017/03/26(日) 21:37:45 ID:70a04f947

    こんばんは。

    やっぱり、いろいろ面倒な手続きをやり直すより、今のローンの金利だけ変わるほうが簡単ですよね。でも、0.3%というのは微妙…。
    うちも、りそなは常に検討候補に入ってきてます。

    ぼくらももうあと2年ちょっとで考えないといけない時期なので、そのときの金利がどうなってるのかという気がかりです。

  4. 名前:nyoro-gara 投稿日:2017/03/26(日) 22:29:22 ID:2dc47b805

    >u_and_oさん
    こんばんはー♪

    りそな銀行のプランって魅力的ですよね。ただ今回のキャンペーンの場合、通常は保証会社に支払う金額と同等の金額をネット銀行の住宅ローンのように手数料として徴収されるので、その後の借換えはしにくくなるのが気になりました。キャンペーン以外は保証会社に支払うようになっているみたいですね。

    2年後の金利がどうなっているのか分かりませんが、良い状況になっていると良いですね。うちの場合は変動金利を選択しているので、短期プライムレートが下降しているとありがたいのですが。。。