engage

涙の事件簿(続・寝室のカーペットが・・・。)

前回で「雨漏り認定」を受けてしまった我が家です。。。

その後、雨の日に三菱さんの屋根裏調査が実施されました。

結果、雨漏りは当初疑われていたソーラーパネルからの配線ではなく

棟換気口のあたりで雨漏りが発生していることが判明しました。

この結果を受け、屋根の点検を行うことになったのですが

ここの点検で棟換気口ジョイント部のシール不良が発覚しました・・・。

三菱さんの説明によると、下図の赤丸のように

瓦と棟換気口を固定している釘のところでシール不良があり

そこを通った水が、黄色の矢印の通りに屋根裏へ落ちていた可能性があるとのことでした。

ちなみに通常は、横から入ってきた雨は赤矢印のように

屋根裏には入らずに屋根側へ流れて戻る仕組みとなっています。

⇒本当はもっと入り組んだ経路になっているので

  風だけ取り入れて、水は入らない仕組みとなってます。

取りあえずの応急処置で防水テープ仕様となりました。

これで様子を見て原因を特定するようです。

また、我が家の場合、北側斜線などの理由により屋根の角度が南北で異なるため

下図のような感じで傾いて装着されているようです。

三菱さんによると、雨染みからすると引渡し当初からの雨漏りとは考えずらいらしく

春の南風にのった雨が、上図の黄色矢印のように屋根裏へ入り込んでいる可能性も

あるとのこと。。。(分かりにくい図でスミマセン)

三菱さん内部で、設計者を交えた検討も進めているようで

現状の棟換気口とは方式が異なる棟換気口を取り付ける案も浮上している話を聞きました。

但し、この場合、足場を組んでの作業となるようなので・・・正直あまり気が進みません。。。

棟換気口のメーカーでは、異なる勾配の屋根にも取付け可能としているようなので

メーカー対応にする方向で良い気がするのですが・・・どうなのでしょう?

今日のニャーさんです。

なんかぽよ~んとしてます・・・悩みはなさそうですね。。。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 三菱地所ホームへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. uando より:

    うーん
    こんばんは。

    なんか、事は単純な設備の問題じゃなく、基本的な施工精度の問題みたいで、けっこう気がかりですね。
    でも、足場とか面倒でしょうが、根本的に直ってないと落ち着かないでしょうし、やってもらう必要があるなら、やってもらうしかないんじゃないでしょうか。

    ネコさんの寝てるカーペットが、ツイスターゲームのマットみたいで、楽しそう(笑)

  2. nyoro-gara より:

    そうなんですよね~。。。
    こんばんは♪

    なんか問題が根本的な設計の方へ流れて行きそうですよね。
    嫌な予感がプンプンしてきますー!

    順を追ってメーカー側の意見も聞いて欲しいなぁと思ってますが
    結局最後には足場組んで改修してもらってそうですね・・・。
    ニャーさん助けてー!!って感じです。