コンクリートの温度補正

プロダクトレポートで温度補正が気になったので調べてみました。

冬には、強度管理材齢(主に28日)に設計基準強度を確保する為に

温度補正が必要となるようです。

 

また、調べてみて意外だなぁと思ったのは

夏の暑い時期にも温度補正が必要だということです。

理由は「コンクリートの性能低下を防止するため」だそうで・・・。

 

以下、JASS 5 2009年度版による構造体強度補正値の標準値より

 

・春と秋(我が家(6月に施工))の場合

  適用期間:3/17~7/19、9/1~11/13

   コンクリート配合強度・温度補正

   Fq 24 + 3 = 27 N/mm2

   (品質管理強度) + (温度補正値)
 
・冬と夏の場合

  適用期間:7/20~8/3111/14~3/16

   コンクリート配合強度・温度補正

   Fq 24 + 6 = 30 N/mm2

   (品質管理強度) + (温度補正値)
 
調べれば調べるほど難しくなってくるので 
この辺りで調査終了といたします(ーー;)

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 三菱地所ホームへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク