涙の事件簿(塗り直してもダメ?外壁不具合)

引渡から3年半となったので、もう何も起こるまい!と思っていたのですが、ふと外壁に目をやると、そこにはあきらかに違和感があったのでした。。。

違和感の正体は?

下の写真を見ていただけたらお分かりになるかと思いますが、外壁の下から1メートル程度上のあたりに、下地が浮き出ているような横線が入っています。外壁の下1/3だけ色が明らかに違いますよね?ちょっとというか大分悲しい出来事でした。。。

三菱地所の外壁構造は?

三菱地所ホームで採用しているのが『セメントボード外装システム』というものです。
具体的な構造については、内側から石膏ボード、断熱材、ハイプロテクトウォールと来て、細目の通気胴縁(つうきどうぶち)により外壁に空気が流れる空間を造ってから、セメントボード(デラクリート)を設置し、その上から外壁塗料を塗るというものです。

この通気層を造ることで、高い防水性と高耐久性を確立しているようです。


出典元:三菱地所ホーム

外壁に浮き出た横筋の正体は?

三菱のアフターさんの話では、問題の横筋の正体はセメントボード(デラクリート)の接合部にあるとのことでした、接合部は網入りのパテ仕上げのようですが、3年半の間に接合部のパテが痩せてしまったのでは?と思っています。

アフターさんによると写真の面だけでなく、家全体で2階、3階ともに同じ症状が出ているとのことでした。悲しい・・・。

セメントボード(デラクリート)

どう対応するのか?

結論としては、アフターでは対応できないらしく、持ち帰って技術部へご相談という形になりました。アフターさんからは『塗り直してもなおらない』との死刑宣告的なことを聞いたので、『それでは困る、根本的な解決を希望する』と伝えました。

果たして、どのような対処法となるのか?楽しみでもあり不安でもありという感じです。

最後に

この『セメントボード外装システム』を採用してから、このような事案は増えているようなので、一度確認してみた方が良さそうです。また、どのように対応するにせよ、家全体なので大掛かりな工事になりそうですよね・・・気が重いです。。。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 三菱地所ホームへ
にほんブログ村


注文住宅(施工主) ブログランキングへ

blogramで人気ブログを分析

スポンサーリンク
カンファペット

フォローする

スポンサーリンク

『涙の事件簿(塗り直してもダメ?外壁不具合)』へのコメント

  1. 名前:u_and_o 投稿日:2018/05/19(土) 11:54:09 ID:51a0403c0

    おはようございます。

    これけっこう、地味に違和感あっていやですね。
    確かに、原因が下地のボードだと、塗り直しても直らないようには思うけど、そういう仕様の家って言われて契約する人がいるとも思えないので、なんとかできる方法を早く見つけてほしいですね。

  2. 名前:nyoro-gara 投稿日:2018/05/19(土) 12:08:58 ID:a130655c6

    >u_and_oさん
    こんにちはー♪

    気がつかなければ良かったのですが、気がついてしまったら気になってしょうがありません。。。デラクリートはメキシコ産で結構いい加減に作られているようなので下地作りの作業は大変だったんだろうなぁとは思うのですが、技術部の実験台になっても構わないので、なんとか良い方法を見付けてもらいたいものです。

  3. 名前:ふじ 投稿日:2018/05/25(金) 22:27:41 ID:12b814e61

    こんばんは。
    せっかくのすてきな外壁が・・・
    ほんとに涙の事件簿ですね・・・
    なんとか、よい解決策がありますように!

  4. 名前:nyoro-gara 投稿日:2018/05/26(土) 06:48:46 ID:14561aca4

    >ふじさん
    おはようございます♪

    今度デラクリートのメーカー等が現場で現状確認するとの中間報告メールが三菱さんから来ました。現場確認して原因を特定してから対応となるんでしょうね。

    もし、全体的に塗り直しになったら、ついでなので妻飾りも本来つけたかったものに変えちゃおうかなぁなどと目論んでます。。。